toggle
2021-08-12

『片づけの方法を知る』って、どんないいことがあるの?

\ 片づけで、あなたの『ゼロ』を0.1に /

✓物を捨てられない自分に自己嫌悪したり、
✓家族に何も言われないことが苦しかったり、
✓「片づけなさい」と家族を責めてしまう

そんなあなたの「本当は片づけたい」想いに寄り添って、
未来に向かう『片づけの伸びしろ』を伝えたい、
姫路市の整理収納アドバイザー、
『片づけ菩薩』のありもとようこです

自己紹介のページ

片づけのプロとして起業して、
『片づけの方法』を伝えるようになって、
かれこれ4年ほどが経とうとしています。

当初は
『片づけの方法を伝えるんだ!』
『みんなに片づけを上手になってもらうんだ!』

と起業したての若さのために意気込んでた時代も
ありましたが(笑)、少しずつ年数を重ねて、
お付き合いが深まるお客様たちが増えるたびに
自分の中で『片づけの方法を教えること』の持つ意味が
ちょっとずつ変わってきたんです。

そもそも、人は片づけない

ドキドキしながらこの文章を書いていますが、
個人的には『人は片づけない』と思っています。

いや、これはあなたがまったく片づけないと
思っている訳ではなくて。

例えば片づけのセミナーを受けたり、
片づけの本を読んだりして、一瞬だけ片づけの知識を得たら、
片づけが苦手だなと思っていたあなたは、
「あぁ、やってみよう」と思うはず。

でも、片づけをしようと思って物を動かし始めた時に、
「これは難しい」と思うかも知れません。
片づけようと思って出したものをちょっとだけ整えたり、
「いらないかな」と思ったものを捨てたりはするけれど、
中身を全部ひっくり返したりする勇気は、
果たして出てくるでしょうか。

人は、何かいい方法を聞いた時、「やってみよう」と思うんです。

でも、最近、私は『相手に片づけて欲しい』と思って
片づけの話を伝えようとする気持ちを、少し控えています。

どうして、『片づけて欲しい』と思わなくなったのか…

『知ること』は選択肢を増やすこと

『方法を知ることは、選択肢を増やすこと』

そのことに気が付いたからです。

沢山の方法を知っておけば、その中から選ぶことができる。

例えば、古い洋服を片づけようと思い始めたとき、

『捨てなきゃいけないかな』

と思うと、動けなくなる人がいます。
 
『捨てるなんてもったいないな』という
気持ちが出てくるから。

でも、もしも他の方法があると知っていたら、
どうでしょうか?
 
・リサイクルに出す
・ウエスとして再利用する
・本当に着たいと思ってくれる人に譲る
・フリマアプリに出してみる

他にも方法は色々ありますが、代表的なものを
挙げるだけでこんな感じ。


『片づけ方を知る』ことで、
今までの「こうしなくては」という思い込みが
少しでもラクになって、「こうすればいいんだ!」という
気づきを持ってもらえたら、いいなと思うんです。

もしもあなたが、ただ気づくだけじゃなくて
本当に家の中を片づけていきたいと思うなら。

その時は私に声を掛けてみてくださいね。
必ずあなたに合った片づけかた、
気持ちの持ちかたをお伝えできるはず。

『こうしなくちゃいけない』は手放して、
一緒に楽しい気持ちで片づけをしていきましょう!

画像をクリックするとLINE公式アカウントに登録できます。
時々、メッセージがあなたのLINEに届きます。
片づけの相談やサービスのお問い合わせもこちらからどうぞ。
↓↓↓


あなたの『片づけられない』理由が分かる
片づけタイプ診断テストもやっています。
↓↓↓

●記事が面白いと思ったら
このボタンをポチっとしてください
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村



●お片づけサポートについて(現在、新規の訪問サポート受付は休止中です)
90分個別相談(特別価格で受付中)
パートナー様とのお片づけ実例集
空き状況を確認する
お片づけサポートサービス一覧



●ブログが更新されたらプッシュ通知が届きます(詳しくはコチラ
↓↓

*iOSの方はPush7というアプリのインストールが必要です

関連記事