toggle
2020-07-28

【声】押し入れが1時間で使いやすくなり、不要な家具も手放しました(訪問お片づけサポート実例)

\ 散らかりは『片づけの伸びしろ』/

✓物を捨てられない自分に自己嫌悪したり、
✓家族に何も言われないことが苦しかったり、
✓「片づけなさい」と家族を責めたり、
✓SNSの綺麗な部屋を見ると凹んでしまう、

そんなあなたの「片づけたい」想いに寄り添い、
持ち物と向き合いながら、
『片づく部屋と私らしい暮らしかた』を見つける
姫路市の整理収納アドバイザー、
片づけ菩薩のありもとようこです

自己紹介のページ

お客様情報

今回のビフォーアフター実例は、継続で行かせていただいているY様のお宅。
いつもご依頼ありがとうございます。

お客様情報
お住まい 加古川市
ご家族 ご主人、奥様、息子さん、娘さん

押し入れビフォーアフター

今回は、寝室の押し入れが気になるということで作業に入らせていただきました。
長年使っていなかったものの、なかなか手放すことが決意できずにこの状態になっており、フスマが閉められない状態なっていました。写真ではフスマを外して撮影しています。
よく見ると、奥の方に扇風機も…。ほかの場所に置き場が見つからず、ここに置いていたのだそうです。これから暑くなるので、早く使いやすい場所に置いて活躍させてあげたいですね。

こちらがアフターです。

かかった時間は1時間ほど。

元々手放したいと検討していたお布団が大半だったので、かなりスッキリ!
他の場所に置いていて、逆にその場所を使いづらくしていた三段ケースを置いて、お布団パッドなどを入れています。

不要なものを手放せました

そして今回、Y様の大きな変化は自分で判断して不要な家具などを手放せたこと。一部ですが写真を掲載します。(掲載許可いただいています)

空いたケースや、古くなった布団のマットレス

和室の隅に置かれていたストーブとサーキュレーター

荷物用のキャリー

大きなドレッサー

これだけのものを手放そうと判断するのって、すごく大きな決断だと思いましたが、Y様はとても頑張られていました。
その決断をされるときに、傍で応援できてよかったです。

大切なことは『自分で決めること。その決めたことを後悔しないこと』だと思います。

お片づけは正解が無いから、それが合っているかどうかの答えは自分の中にしかありません。私は最適な答えは知っているけれど、それがお客様にとって合わなければ、それは強制することはできません。(ヒントは出せますが…)
だから、こちら側から見ると明らかに使っていないものでも、手放そうと決断するまでってとても時間がかかる方もいます。

でも、それでも時間が許すなら待ちたいなと思ってます。
「捨てましょう」は言いたくない。
私のお客様にたいするスタンスはずっと変わらないので、傍にいて決められるまで待ちたいなと思っています。

けれど、今回かなりの不用品を手放すことができたからか、気持ちのモヤモヤも少し晴れたのかなと思います。今後のお片づけに弾みがつくといいですね!

本当にお疲れ様でした!

ではでは、また次の記事で♪

●記事が面白いと思ったら
このボタンをポチっとしてください
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村



●お片づけサポートについて
90分個別相談(特別価格で受付中)
パートナー様とのお片づけ実例集
空き状況を確認する
お片づけサポートサービス一覧



●ブログが更新されたらプッシュ通知が届きます(詳しくはコチラ
↓↓

*iOSの方はPush7というアプリのインストールが必要です

関連記事