toggle
2018-11-26

【片付け子育て】大好きな靴だから、きちんとお別れできました

大好きな靴

こちら、三女が大好きな靴です。
黄色も、形も、履きやすさも、動きやすさも、一番のお気に入り。
とはいえ毎日履き続けていたら流石に傷んできて、新しい靴も買いました。

 

新しい靴を買って、さぁ、古い靴はどうしようと相談したら、三女に
「古い靴もちゃんと履くから、保管して」と言われたので、保管することに。

 

その後

宣言通り、古い靴もきちんと履いていました。

 

体育があって外を走るとき
プールの授業で足が濡れるとき
新しい靴を汚したくないとき
川遊びのとき

 

この夏には随分と活躍してたと思います。

手放すことに

先日靴箱を見直したら、この靴も随分くたびれてました。

三女に聞くと
「そういえば最近は履かなくなったかな」
と、保管していたことを思い出したみたい。
そこで、この靴を手放すことに賛成してくれたので
「ありがとう」の儀式をしました。三女の作った折り紙を靴の上に乗せ、新聞に包んでゴミ箱へそっと入れて。

「バイバイ、ありがとう!またね!」と、笑顔で靴を手放せた三女を見てちょっと泣きそうになりました。

大事だからこそ

ずっと前、幼かった長女から「片付けってなにすることなの」と聞かれて、
答えられなくて、片付けのことを知りたくて気が付いたらアドバイザーになっていました。

 

あのとき「片付けなさい」って言葉を言ったのって、子どもにモノとの付き合い方を一緒に考えて欲しかったんですよね。

私も、子どものモノをどうしたらいいか、分からなかったから。子どもに、自分のモノなんだから、もっと真剣に向き合って欲しかっただけなんです。

今回、きちんと子どもの意思を待てるようになったのは、私自身が片付けが何か分かるようになったからなのかも。

子どものモノの片付けを通して、意思を尊重することができて、子ども自身とも真剣に向き合えるようになったからかなと思います。

多分片付けられていなかったら、子どもと向き合えないままの親だったかも知れません。

アドバイザーになって良かったと、心からそう思います。
だから、もっと沢山の人に、特に小さい子を持つ親御さんにも片付けの持つ力が伝わって欲しいと、改めてそう思った出来事でした。

兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
フォー・ハウスワークス 有本葉子

サービス内容です

 

お片付けサポート
お客様のご自宅に伺い、お片付けのお手伝いをさせていただきます

自宅レッスン
自宅の収納を見ていただきながら『お片付け』についてレッスンします

プライベートレッスン
お客様のご都合の良い時間、メニューをカスタマイズしたオリジナルメニュー

お片付け相談@カフェ
カフェなどで、マンツーマンでお片付け相談ができます

・お絵描き会(不定期開催)
私の趣味でもある、パンやお菓子を描く会。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ
メールフォーム、もしくはLINE@からお問い合わせください

メールフォーム
メールフォーム

LINE@
友だち追加

 

関連記事