toggle
2018-11-26

大好きな靴だから、きちんとお別れできました

思春期ド真ん中な3姉妹の母でもある
兵庫県姫路市の整理収納アドバイザー 、
『わたし』を見つける、お片づけ
有本葉子です。
ご覧いただきありがとうございます。

インスタグラムも更新中です。

お気に入りの靴

こちら、三女が大好きな靴です。

黄色い色も、
形も、
履きやすさも、
一番のお気に入りだそうです。

とはいえ、毎日ずっと
履いていたので、さすがにボロボロ。
新しい靴も買いました。

ところが、新しい靴を買っても
古い靴を残したい、と三女は
言ったので、古い靴も並行して
履いていました。

以前の記事にも残す時のことを
書いてます。

その後は…

三女は自分が言ったことを守って
古い靴もきちんと履いてました。

体育があって外を走るとき

プールの授業のあと、
足が濡れたまま履くとき

川遊びのとき

新しい方の靴を
汚したくないとき

この夏には、ずいぶんと
活躍していたと思います。

手放すことになりました

先日、靴箱を見直したら
この靴も随分くたびれてました。

三女に聞いたら、

「そういえば最近履かなくなった」

と、靴があったことを
その場で思い出したみたい。

その時に、手放すかを聞くと
「いいよ」と答えてくれたので

「ありがとう」の儀式をしました。

新聞紙に靴を乗せて、
三女の作った折り紙の鶴も
靴の上に乗せて、新聞でぐるっと
包んでゴミ箱へ、そっと入れて。

「バイバイ、ありがとう。またね!」

と言って笑顔で靴を手放した
三女を見て、エライなぁと
思いました。

大事だからこそ

ずっと前、私は子ども達に
「片づけなさい」ばっかり言う親でした。

あの時に「片づけなさい」
って言ってたのは
子どもに物との付き合い方を
考えてほしかったんですよね。

だって、私自身も子どもの物を
どうしたらいいか分からなかったから。

子どもに自分のものと
もっと真剣に向き合って欲しかった
だけなんです。

今回、三女が『自分の意思』
残す・手放すを決められたのは
私自身が片づけのことが分かって、
分かるからこそ子どもの靴とも
真剣に向き合えていたから
かも、
と思います。

私自身が片づけられなかったら、
子どもの物とも向き合えない
親のままだったかも知れません。

アドバイザーになって良かったと、
心から思います。
そして、特に小さい子を持つママさんには
片づけのことをもっと知って欲しいと、
改めてそう思った出来事でした。

記事を気に入っていただけたら、
下のアイコンのクリックをお願いします
皆さまの応援が投稿の励みになります
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

整理収納サポートのお申込みは
お問い合わせフォームからどうぞ。
空き日程は空き状況カレンダー
ご確認ください。

●サポート実例
整理収納サポートの
モニター様のビフォーアフターを
ご覧になりたい方はコチラから


最新情報

2020/1/21(火)
【メディア】ラジオ番組出演

2020/1/23(木)
【セミナー】メルカリ活用講座in明石

2020/1/27(月)
【イベント】お片付け相談会(cobatotoフリマ内)

お問い合わせ・お申込みは
お問い合わせフォームもしくは
LINE公式アカウントから



●他のアドバイザーさんのお片付け記事です
にほんブログ村テーマ 整理収納アドバイザーへ整理収納アドバイザー
にほんブログ村テーマ 整理収納へ整理収納
収納・片付け インテリアブログ・テーマ収納・片付け
小さな一歩から始めるお片付け。 その他生活ブログ・テーマ小さな一歩から始めるお片付け。
にほんブログ村テーマ 子育て関係なんでもOKへ子育て関係なんでもOK
にほんブログ村テーマ 片付け×子供へ片付け×子供
にほんブログ村テーマ 子供は小学生へ子供は小学生
関連記事
Site Menu