toggle
2020-04-04

人生二度目のワンオペは、穏やかです

\ 散らかりは『片づけの伸びしろ』/

✓物を捨てられない自分に自己嫌悪したり、
✓家族に何も言われないことが苦しかったり、
✓「片づけなさい」と家族を責めたり、
✓SNSの綺麗な部屋を見ると凹んでしまう、

そんなあなたの「片づけたい」想いに寄り添い、
持ち物と向き合いながら、
『片づく部屋と私らしい暮らしかた』を見つける
姫路市の整理収納アドバイザー、
片づけ菩薩のありもとようこです

自己紹介のページ

子ども達と24時間一緒

3月から急に子ども達の休校が始まり、1ヶ月ちょっとが経ちましたね。

在宅で仕事をすることも多い身としては、24時間子どもと一緒、という日も多くなっています。

夫は朝早くに出社し、帰宅は深夜、ということもほぼ毎日。
土日は疲れがたまっているのか、寝てばかり。

ネットでは『夫が家に居なくて一人で家事・子育てをやること』ワンオペと言うそうですが、この状況はまさにワンオペと言うんだろうなと。

1度目のワンオペは…

4年ほど前、夫が海外に単身赴任になった頃もワンオペだった時期が半年間ほどありました。

その頃、私は毎日イライラしていて子ども達を怒鳴ってました。

「なんでやらないの!」
「私はこんなにやってるのに!」
「こんなに言ってるのに伝わってない!」

なんて思うこともたくさん。

姉妹のケンカが始まると耳をふさいで洗面所に駆け込んだことも。

土日は義実家の両親に子ども達を預けて一人の時間を確保しないと爆発しそうで怖かったのを覚えてます。

2度目のワンオペは…

そして始まった、今回の休校は、びっくりするほど穏やかに毎日が過ぎていきました。

牛乳プリンを作ってみたり。

長女・次女がダブルで卒業を迎えたり、長女のバースデーを祝ったりしてたのでイベントが多かったのも幸いしたのかも。

でも一番の違いは、部屋を片づけていたことが大きかったです。

「お母さん、あれどこ?」

って聞かれないこと。

「お手伝いする!」って言われて

どこになにがあるか家族で共有できて

いること。

それが大きい安心感につながるって、改めて思いました。

また、片づけていることは散らかっていることが気になりません。

だって、すぐにキレイにできるから。

今回の春休みは長女の高校進学・次女の中学進学が重なってなかなかバタバタしていたけど、子供部屋の整理も含め、穏やかに過ぎていきます。

ではでは、また次の記事で♪

●記事が面白いと思ったら
このボタンをポチっとしてください
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村



●お片づけサポートについて
90分個別相談(特別価格で受付中)
パートナー様とのお片づけ実例集
空き状況を確認する
お片づけサポートサービス一覧



●ブログが更新されたらプッシュ通知が届きます(詳しくはコチラ
↓↓

*iOSの方はPush7というアプリのインストールが必要です

関連記事