toggle
2020-02-27

自家製ギョウザ、パリパリに焼けました!

\ 散らかりは『片づけの伸びしろ』/

✓物を捨てられない自分に自己嫌悪したり、
✓家族に何も言われないことが苦しかったり、
✓「片づけなさい」と家族を責めたり、
✓SNSの綺麗な部屋を見ると凹んでしまう、

そんなあなたの「片づけたい」想いに寄り添い、
持ち物と向き合いながら、
『片づく部屋と私らしい暮らしかた』を見つける
姫路市の整理収納アドバイザー、
片づけ菩薩のありもとようこです

自己紹介のページ

自家製ギョウザ

実は先日、夫が誕生日を迎えました。その日のディナーは何にしよう?

という話になって、次女が言ったのは「久しぶりに自分たちで餃子が作りたい!」でした。

わが家は数年前から餃子を包むのは子ども達の仕事です。最初は皮が破れたり中身が出てきたりしたけど、随分上手に包めるようになりました!

こっちは次女が包んだもの。
手前に肉まん型・バラ型の餃子もあります(笑) こういう変わった形に包むのも好きみたい。

こちらは三女が包んだもの。
どちらかというと職人タイプで、黙々と包んでいってくれました。

子ども達も大きくなって、今回用意した皮は120枚!!
それ全部を子ども達が上手に包んでくれて、その間に私も晩御飯の用意がはかどりました(*´▽`*)

パリパリに焼けました

そして今回、めっちゃめちゃ嬉しかったのがコレ。

餃子をパリパリに
焼くことができたんです!!
(*´▽`*)

冷凍の餃子って、なにもしなくても上手に焼き上げられるように出来てますよね。あれって神アイテムだと思います…!

だって、たまに生ギョウザを買ったり自家製ギョウザを焼くことがあったら
失敗することが多くて(´・ω・`)

フライパンが鉄製だからかなあ、なんて思っていました。

ところが、ネットで調べていたら餃子の皮をパリパリに焼ける方法を見つけて、それを試したら上手に焼くことができました!

餃子の焼きかた

こちらで説明していきますね。

焼き方のコツは、こちらです。

熱湯を使う理由は、水を入れてしまうと、その水が温まるまでに皮がフライパンにくっ付いてしまうから、だそうです。
熱くなっているフライパンに熱湯を入れると、かなり水がはねるので注意してくださいね!

わが家の子ども達も、キレイに焼けた餃子をお腹いっぱい食べてましたー(*´▽`*)

ではでは、また次の記事で♪

●記事が面白いと思ったら
このボタンをポチっとしてください
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村



●お片づけサポートについて
90分個別相談(特別価格で受付中)
パートナー様とのお片づけ実例集
空き状況を確認する
お片づけサポートサービス一覧



●ブログが更新されたらプッシュ通知が届きます(詳しくはコチラ
↓↓

*iOSの方はPush7というアプリのインストールが必要です

関連記事