toggle
2020-12-21

【掲載】『思い出の服』はどうやって片づける?(すっきりお片付けブログ12月)

「片づけなくちゃ」を「まぁいっか」へ
今日のわたしに70点を✎*。


あなたに合わせた的確な教えかたで
「片づけられるわたし」を叶えます

姫路市の整理収納アドバイザー、
片づけ家庭教師の
ありもとようこです。
自己紹介のページ

【提供中のサービス】
●カウンセリングとアドバイス●
おきがるコンサル

●お片づけの個別指導●

訪問型お片づけサポート
オンラインお片づけサポート
書類整理サポート
収納場所決めワーク

●片づけ自己採点の底上げを応援●
・おうちとココロを丸ごとサポートプラン

●引越し後の快適な暮らしを目指す●
・引越しビフォーアフターサポート
(引越し前の片づけ+新居の収納コンサル)

募集中の講座
オンラインでも想いが伝わるサポートができる、
「伝えたい」を「伝わる」にするポイント講座

2021年1月14日(木) 定員4名
*整理収納アドバイザー向け

90分でお片付けのやり方が伝わる!
テキスト作りとミニレッスンのコツ

2021年1月22日(金) 定員4名
*整理収納アドバイザー向け

オンラインde自宅収納見学ツアーを
開催するワークショップ

▶2021年1月29日(金) 定員4名

*整理収納アドバイザー向け

すっきりお片付けブログ

毎月連載させてもらっている『すっきりお片付けブログ』の2020年12月号が更新されました。

今回のテーマはクローゼット。
『思い出の服』は、どうやって片づけますか?をテーマにしています。
『すっきりお片付けブログ』は下のリンクから読むことができますので、とにかく読みたい!という方は読んでくださいね。

すっきりお片付けブログ2020年12月
『思い出の服』片付け大作戦

思い出の服

『どうしても捨てられない』

そんな風に思ってしまう物はあると思います。服にしても、そう。

子どもが小さかった…
柄や形が気に入っていた…
見返すと安心する…

そういった服は『着る服』ではなく『思い出の服』になっている可能性が大!

ちなみに↑の写真は私が手放せない『思い出の服』。
どうして手放せないかといえば、子ども達がこんなに小さかったなぁと思い出させてくれるし、その時に育児に頑張っていた自分をちょっぴり褒めてあげられるというのが理由かなぁ。

『思い出の服』は、保管するときにちょっとしたポイントが必要になってくるので、今回の『すっきりお片付けブログ』ではそのポイントについても書きました。良かったらご覧くださいね。

今日はクローゼットのお片づけサポートに行ったんですが、その先でもお子さんが小さい時の洋服がどうしても手放せない、というので『思い出の服』として保管しました。

たかが服、されど服。

そのたった一着が頑張っていた昔のことを思い出させてくれたり、そんな自分を誇らしく思えるきっかけを作ってくれたりもするでしょう。

だからこそ丁寧に、その気持ちを大切にできるような残しかたをして欲しいなと思います。

すっきりお片付けブログ2020年12月
『思い出の服』片付け大作戦

ではでは、また次の記事で♪

●記事が面白いと思ったら
是非このボタンをポチっとしてください
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

●LINE公式アカウントについて
 お友達を募集しています。週1回メッセージ配信中!
 登録後メッセージを送ってくれたら無料お片づけアドバイスします

●お片づけサポートについて
パートナー様とのお片づけ実例集
空き状況を確認する
お片づけサポートサービス一覧

募集中の講座
オンラインでも想いが伝わるサポートができる、
「伝えたい」を「伝わる」にするポイント講座

2021年1月14日(木) 定員4名
*整理収納アドバイザー向け

90分でお片付けのやり方が伝わる!
テキスト作りとミニレッスンのコツ

2021年1月22日(金) 定員4名
*整理収納アドバイザー向け

オンラインde自宅収納見学ツアーを
開催するワークショップ

▶2021年1月29日(金) 定員4名

*整理収納アドバイザー向け

●ブログが更新されたらプッシュ通知が届きます(詳しくはコチラ
↓↓

*iOSの方はPush7というアプリのインストールが必要です

●ブログ村の登録者様はこちらから

いっかいっか -暮らしを楽しく、ココロを身軽に- - にほんブログ村
関連記事