toggle
2020-09-06

私が伝えたいことは「正しさ」ではなく「楽しさ」

片づける勇気で、人生に愛と希望を
ものと人の関係も、人と人との関係も
相思相愛である世界を目指す、
姫路市を中心にお片づけサポートをしている、
愛と勇気の片づけ菩薩 ありもとようこです。
自己紹介のページ

整理収納フェスティバル

先日、整理収納アドバイザーの所属するハウスキーピングが主催の『整理収納フェスティバル』の中のコンテンツ、『整理収納LIVE!!』に参加することを発表したら、とてもたくさんの方からお祝いをいただきました。

*実は前回の記事は途中から内容をネタバレしちゃってたので、現在はその部分を削除してます。時期が来たら正式に公表しますね。
「削除する前の記事も見たよ」という方は、どうぞナイショで~

片づけって「いいこと」?

整理収納アドバイザーとして活動しはじめた当初は、「片づけっていいものだから、やってみませんか?」と書くことが多かったわたし。

でも、今は「私はこんな風にしてますよ」とだけ、書くように心がけてます。

だって「正しいと思うこと、いいこと」の感じ方って人それぞれ。

自分がいいと思っていても、それを「いいものだからやって!」と言われるのは押しつけがましいなぁと思ったから。

「楽しい」から、やってる

私が自分の家の片づけをしたり、お客様の家を片づけさせていただくのって単純に『楽しい』からなんですよね。

私の持論は、人は決して「正しいから、いいことだから、当たり前だから」、ということが理由では動かない。

もしもその理屈が通用するなら、不登校の子どもなんていないはず。だって一般的には『学校に行くことが当たり前で、いいことで、正しいこと』だと思っている大人も子供も多いはずだから。

人が動くときに必要なのは『楽しさ』だと感じたからこそ、できる限り『良いことだからやりましょう~』という書き方は避けるようになりました。

それが顕著なのがインスタグラムかも。
残念ながら映えない写真ばかりを投稿してます(笑)
けど、そのの中から「片づけって悪くなさそう、これならできそう」と感じてもらうことがあればいいなと思っています。

あなたにとって、片づけとは?

さて、聞きたいのはあなたにとって「片づけ」と聞くとどんな気持ちになりますか?

①やらないといけない
②家の中がスッキリすると思う
③頑張らないといけない
④重い腰が上がらない
⑤なかなか進められない
⑥誰かが励ましてくれるならできそう
⑥楽しいからやりたい

この4つの中で、片づけがどんどん進むのは⑥と⑦の気持ちの人です。


「やらなきゃ」
「しなくちゃ」

ではなく

「やりたい」
「やったらどうなるかが見たい」

という気持ち。

そして、そんな「やりたい」という気持ちを強められる発信をしていくのはアドバイザーの使命だと思ってます。

皆さんにとって、片づけが「楽しい」と思えるような発信を、これからも頑張りたいと思います。

●お片づけサポートについて
90分個別相談(特別価格で受付中)
お片づけ実例集
空き状況を確認する
お片づけサポートサービス一覧

●ブログが更新されたらプッシュ通知が届きます(詳しくはコチラ
↓↓

*iOSの方はPush7というアプリのインストールが必要です

関連記事