toggle
2021-05-28

【お片づけサポート実例】必要なものは一握りだった、食器棚のお片づけ

\ 片づけで、あなたの『ゼロ』を0.1に /

✓物を捨てられない自分に自己嫌悪したり、
✓家族に何も言われないことが苦しかったり、
✓「片づけなさい」と家族を責めてしまう

そんなあなたの「本当は片づけたい」想いに寄り添って、
未来に向かう『片づけの伸びしろ』を伝えたい、
姫路市の整理収納アドバイザー、
『片づけ菩薩』のありもとようこです

自己紹介のページ

「片づけなんてプロに頼んでやってもらうこと?」

家族にそんな風に言われてしまうこと、ありませんか?
片づけって、どうしても

『自分だけでやること』
『人に頼むなんて恥ずかしい』

そんな風に思っている人が多いのかな、と思います。
では、どうして『片づけのプロ』がいるのでしょうか?
先日行ったお片づけサポートのビフォーアフターを見ると
それがよく分かるかも知れません。

お客様の情報

家族構成:5人家族(奥様、ご主人様、お子様3人)
お仕事:パート勤務
作業場所:食器棚
作業時間:3時間半

食器棚
ビフォー

こちらがビフォーです。
上の方はスカスカだけど、
決して使いやすいものの入れ方をしていません。

また、逆に下の方はぎゅうぎゅうに物が押し込まれ、
依頼者であった奥様に聞かないと家族の誰もが
物の場所を把握できない、というお悩みがありました。

食器棚
アフター

3時間半の作業の結果、食器棚はこのようになりました。
ご本人も驚かれるほど、なにもなくなりました(笑)

その他のビフォーアフターはこちら
 →お片づけサポート実例

作業中のひとコマ

実は、このお宅はリフォームをして新しいキッチンを
導入したため、この場所はサブキッチンの食器棚なんです。
「朝食だけここで食べたい」というご希望だったので、
 
『不要なもの』を仕分けるとともに、
『新しいキッチンで使うから移動させるもの』を
選んでいったので、食器棚がスカスカになったのでした。

「こんなに詰め込んでたんですね…!」と言いながら
奥様はしっかりと食器棚と向き合っていました…!

プロに頼むメリット

おおkおkyおきゃおきお

ここの奥様が作業の終わりごろに仰っていたのは

「一人だと絶対に途中で挫折していました」

です。

これが、プロに片づけを頼む大きなメリットに
なります。



●片づけのゴールをあなたに伝えられる
●片づけ過ぎて疲れる前に切り上げる
●今までに体験したことが無い『片づけ』を
 知ることができる
●人と一緒にやることで、最後まで気持ちを
途切れさせずに進める事ができる
●小さい課題をお渡しするので、それをこなすことで
「自分にもできた」「気持ちいい」という体験を
手にすることができる


どんな年代であっても、
どんなレベルの片づけの人であっても、
共通して言われる感想です。

「あなたに合った片づけを、一緒におこなう」
「あなたの気持ちを尊重する」
「自分の片づけは鈍行列車、一緒にやると新幹線」

自分で片づけようとする気持ちはとても大切。

でも、まず目の前に積まれている
『片づけられていないものたち』と
向き合わなけばいけないなら。

プロに頼んで、一緒に『片づけの第一歩』を
踏み出すきっかけにすることも、
大切なのではないでしょうか。

「じゃあ、私はどうやって片づけたらいいの?」
思ったあなたは、ありもとようこの公式LINEに
登録してください。
一週間に一度、お片づけのメッセージが届きます。

●記事が面白いと思ったら
このボタンをポチっとしてください
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村



●お片づけサポートについて(現在、新規の訪問サポート受付は休止中です)
90分個別相談(特別価格で受付中)
パートナー様とのお片づけ実例集
空き状況を確認する
お片づけサポートサービス一覧



●ブログが更新されたらプッシュ通知が届きます(詳しくはコチラ
↓↓

*iOSの方はPush7というアプリのインストールが必要です

関連記事