toggle
2021-05-09

【お片づけサポート実例】3時間半ダイニングが『幸せの原点』に戻りました

「片づけなくちゃ」を「まぁいっか」に♥

SNSの投稿で見る部屋の写真が
片づいていることに焦ったり、
物を捨てられない自分に自己嫌悪したり、
家族が片づけてくれない事に悩む…

そんなあなたの気持ちに寄り添い、
片づけられるわたし」に導く
姫路市の整理収納アドバイザー、
片づけ家庭教師のありもとようこです
自己紹介のページ

こんにちは、ありもとようこです。

突然ですが、リビングって一番長くいる場所だから
片づけたいけど一番片づけるのが難しい場所って
知ってました?

何故かと言えば、家族のものが混在するから。
他の場所以上に難しかったりします。


だからこそ、本当に困っている方は
お片づけのサポートを頼むことで解決することも
あるんだと知って欲しい。



今回は、継続でお片づけをさせていただいているお客様の
ビフォーアフター報告です。

わずか3時間半でリビングの姿が変わった様子を
お楽しみください。

●お客様情報●
ご家族…5人(御主人様、長女、長男、次女)
住居形態…一戸建て(2階建て)
物の量…かなり多い(多かった)
サポート回数…8回目
作業時間…3時間半

ダイニングお片づけ
ビフォー

こちらがダイニング周辺の様子です。
初めてここに入らせていただいたのは半年前。
「人が入るのは初めてです」と仰っていました。

ダイニングお片づけ
アフター(3時間半)

こちらが3時間半後のダイニングです。
驚かれると思いますが、同じ場所です(笑)


●この記事も人気です●
【サポート実例】キッチン収納が使いやすく大変身!

3時間半でやったこと

この時にやったことは以下の3点。

①すべての物を出す
②不要なものをダイニングから外す
③他の部屋に必要な物を置く

たったこれだけ、という作業かも知れませんが、
一人でやるとかなりの労力を必要とするので
やはり広いスペースを短時間で終わらせようとするなら
片づけのプロの手を借りるのが一番早いかと思います。

『幸せの原点』

3時間半、お客様はただひたすらにご自身の持ち物と向き合っていました。

そして3時間半後、部屋は驚くほどの変化を遂げました。
この様子を見た時、お客様がぽつりとつぶやいたのが

「このダイニングの風景が気に入って、
 この家を購入する決め手になったんです。」
「片づけて思い出しました」

片づけていくことで、
部屋は『散らかる前の元の姿』に
戻っていきます。

それは『幸せの原点』に戻す作業かも知れません。

お客様には特にその話をしなかったけれど、
それが体験として伝わって、嬉しいなと思った作業でした。

ではでは、また次の記事で♪

●記事が面白いと思ったら
このボタンをポチっとしてください
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

●LINE公式アカウント
 お友達を募集しています。
 お友だち限定メッセージ配信中♡
 ↓↓↓

お問い合わせもこちらから♡
メールフォームからも受け付けています

●お片づけサポートについて
90分個別相談(特別価格で受付中)
パートナー様とのお片づけ実例集
空き状況を確認する
お片づけサポートサービス一覧

募集中の講座
現在、それぞれの講座は
開催リクエストを受付中です

開催リクエスト受付中

オンラインでも想いが伝わるサポートができる、
「伝えたい」を「伝わる」にするポイント講座


▶40分でお客様にお片づけを伝える!
 テキスト作りとミニレッスンのコツ講座


▶『オンライン自宅見学ツアー』
 開催準備のレッスン

●ブログが更新されたらプッシュ通知が届きます(詳しくはコチラ
↓↓

*iOSの方はPush7というアプリのインストールが必要です

●ブログ村の登録者様はこちらから

いっかいっか -暮らしを楽しく、ココロを身軽に- - にほんブログ村
関連記事