toggle
2019-02-26

【子どものもの】書道作品の残し方・我が家のルール3つ

はじめに

子どものものって、なかなか処分しにくいと思っていらっしゃるかたも多いと思います。学校のものだけでなく、習い事のものもありますね。
今回は子供たち3人とも習字を習っている我が家で実践している硬筆・毛筆の書道作品の残し方を紹介します。


ルール1 その人に聞く

書道作品に関わらず「自分以外の人のものを処分したいときは、その人に聞く」ことがお片付けの基本ルールです。聞かないままに勝手に人のものを処分してしまうと、最悪の場合その人を「お片付けに対して嫌な気持ちを持つ人」に育ててしまう可能性もあります。
処分したい場合は必ず持ち主に聞いて、確認を取ってからにしてください。


ルール2 進級した時の作品を保管する

同じ内容の作品がいくつも残っている場合があります。この場合はどちらかを選んで保管するようにしましょう。


我が家の場合、同じ内容の作品があった場合は ”進級” のハンコが押されている作品を優先的に残しています。


ルール3 賞をいただいた作品は残す

まれに、嬉しい入賞をいただくこともあります。
子どもにとって入賞するということは誰かに認められた、という嬉しい思い出。その思い出は大事にしたいので残すようにしています。


ルールを守った結果

こちら、習字のレッスンバッグにぎゅうぎゅうに入れられていた三女の作品たち。一旦バッグから全て取り出しています。全部出すだけで、随分とスッキリしました。

こちらが、手放すものと残すものを分けた状態。
量が半分以下に(笑)


書道作品の保管

リビングにあるホームファイリングのファイルボックスの中に「書道作品」という項目を作って長女・次女・三女とそれぞれの硬筆・毛筆の作品を保管しています。
いつか家を出る時に渡して、「不要だ」と思ったなら本人の意思で捨てたらいい。でもそれまでは、邪魔にならない程度に残してあげようと思います。

まとめ

お子さんが一生懸命書いてくれた作品たち。
上手に整理して「いつでも見返せる」状態で
保管してあげてはいかがでしょうか♬


*お片付けメニューはこちらから♬
 お片付けサポート
 お片付け相談/レッスン@cafe
 自宅レッスン(収納見学付き)
 お片付けワークショップ

シェアする
関連記事
Site Menu