toggle
2018-07-11

「私は『わたし』」と言い切れる強さ

思春期ド真ん中な3姉妹の母でもある
兵庫県姫路市の整理収納アドバイザー 、
『わたし』を見つける、お片づけ
有本葉子です。
ご覧いただきありがとうございます。

インスタグラムも更新中です。

次女の上履き

「上靴がキツくなったから、
新しいのを買って欲しい」

と次女に頼まれ、
靴屋さんへ行きました。

けれど、残念ながらお目当てだった
赤い上靴は無くて、

残っていたのは緑色の上靴のみ。

上靴は注文がまとまってからの
発注となるらしく、
赤い上靴が欲しいのならば
夏休みまで我慢しないと
いけないそうでした。

その時、次女が下した決断は
緑色の上靴を買うことでした。

「もしこれを履いて何か言われても、
私とあなたは違うから。
私はこれが好きだから
選んだのって言うから大丈夫。」
と。

この発言を聞いていた店員さん、
「すごいお子さんですね」と
拍手喝采(*’ω’*)

大事なのは「自分」

次女も小学校高学年となり、
そろそろ周りの目も気になってくる頃。

注文した上靴が届くのを待つよりも、
目の前の上靴を

「本当に自分が妥協せずに履けるか」
ということを自分で判断しました。

私が思わず

「大丈夫?他の女の子で
この色の上靴履いてる子、いるの?」
って確認してしまったくらい(;´∀`)

けれど、こうした
「自分がどうしたいか」と思った時に
誰の判断を気にすることもなく
「自分の意見」を持てるのは、
凄いなと思いました。
親バカかも知れないけれど

そして、もしかしたら
小さい頃から
片付けをする時に
「あなたはどうする?」と、
判断を子どもに任せていた部分も
大きいのかも知れないな。

なんて(笑)

きっと、
「自分が本当に好きなもの」を
積極的に選ばせていたから、
こういった場面できちんと
自分の意見が出てきたんじゃないかと
思います。

その後

小学校にこの緑色の上靴を
履いていった次女。

クラスの子に
からかわれていたりしないかな…と
心配していたら、

『先生たちが
似合ってるって
言ってくれた―!』と、

ご機嫌で帰ってきてくれました。
良かったね、嬉しいねぇ。

誰の意見でもなく、
「わたしは私」と言いきれた次女が、
ほんの少し眩しかった出来事でした。

最新情報

2020/1/23(木)
【セミナー】メルカリ活用講座in明石

2020/1/27(月)
【イベント】お片付け相談会(cobatotoフリマ内)

お問い合わせ・お申込みは
お問い合わせフォームもしくは
LINE公式アカウントから


●提供中のメニュー●

メニュー一覧はこちら


●他のアドバイザーさんのお片付け記事です
にほんブログ村テーマ 整理収納アドバイザーへ整理収納アドバイザー
にほんブログ村テーマ 整理収納へ整理収納
収納・片付け インテリアブログ・テーマ収納・片付け
小さな一歩から始めるお片付け。 その他生活ブログ・テーマ小さな一歩から始めるお片付け。
にほんブログ村テーマ 子育て関係なんでもOKへ子育て関係なんでもOK
にほんブログ村テーマ 片付け×子供へ片付け×子供
にほんブログ村テーマ 子供は小学生へ子供は小学生


●クリックお願いしますm(__)m
(このブログにINポイントが付くんです~)

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

にほんブログ村 にほんブログ村へ
関連記事
Site Menu