toggle
2019-12-22

三女に教えられた「気持ちの整理」

思春期ド真ん中な3姉妹の母でもある
兵庫県姫路市の整理収納アドバイザー 、
『わたし』を見つける、お片づけ
有本葉子です。
ご覧いただきありがとうございます。

インスタグラムも更新中です。

*この記事は前ブログの
 2018/5/20記事です

私の住んでいる地域では
小学校の校内大会として
「将棋大会」が開催されます。

先日、三女が将棋大会へ参加しました。


帰宅するなり言った言葉が

「相手の子に『反則だ』って言われて負けちゃった」

内容を聞くと、相手の子から

相手の陣地内で飛車を動かしているのに、
飛車が成っていないのがオカシイ

と言われたみたいです。

でも実は、将棋の公式ルールには
そんな決まりはありません。

桂馬、香車、歩兵など

成らないと相手の陣地内で
それ以上前方に進めない駒

この場合は、成る必要があります。
成らないと駒を後ろに動かすことが
できないから。

大会には
『わが家のマイルール』を
持ち込む子供が結構います。

  • 王手をした時に「王手」って言わなかったから負け
  • 相手の陣地内で飛車や角行を成らさなかったから負け

これは全部『わが家のマイルール』

そこに対抗するには公式ルールを覚えて
反論する勇気が必要になってきます。

小学2年生の三女には
それは難しかったのかも知れません。
暫くの間、私もブーブー文句を言っていました。

けれど、三女は泣き言は言いませんでした。

「だって、弱かったから」
「最近練習していなかったから」
「間違ってるなー、と思ったけど言わなかったから」

と、きちんと自分が負けたことを
認めていました。

悔しくないなんて、そんなことないはずなのに。

けれど、小さな鼻を真っ赤にして
泣くのを我慢していること。

泣いている顔を見られまいと、
私から背を向けたときに、
服の袖で小さく涙をぬぐっていたこと。

その姿を見た時、
三女がきちんと
「自分の気持ちの整理」しようと
しているのだと気が付いたら、
何も言えなくなりました。

今度の大会は、また来年。

「公式ルール」を覚えて、
もう一度参加してくれますように。

泣くのを我慢していた姿を見ても、
お母さんは何も見ていないフリをしていたこと。

いつかどこかで、笑い話に出来ますように。

まだ小さいと思っていた三女が
「モノの整理」だけではなくて 

「モノの整理」を通して
いつの間にか「気持ちの整理」も
出来る子になっていたんだと、
その成長が嬉しかった。

そんな出来事でした。

後日談

この話は、おととしのこと。

その後は、残念ながら
将棋はイヤだ、と言って
オセロ大会への出場となりました。

そこも負けちゃったけど、
楽しかったみたいです。

この後は、トラウマからか
しばらく将棋からは
遠ざかっていたけど、

最近、もう一度興味がわいてきたみたい。

将棋は、大会には出ないけど
時々お父さんと一緒にやってます。

勝ち負けじゃなくて
自分が楽しめる範囲で
楽しんでいってほしいなと、

将棋が全くできないお母さんは
思うのでした。

整理収納サポートのお申込みは
お問い合わせフォームからどうぞ。
空き日程は空き状況カレンダー
ご確認ください。

●サポート実例
整理収納サポートの
モニター様のビフォーアフターを
ご覧になりたい方はコチラから


最新情報

2020/1/23(木)
【セミナー】メルカリ活用講座in明石

2020/1/27(月)
【イベント】お片付け相談会(cobatotoフリマ内)

お問い合わせ・お申込みは
お問い合わせフォームもしくは
LINE公式アカウントから


●他のアドバイザーさんのお片付け記事です
にほんブログ村テーマ 整理収納アドバイザーへ整理収納アドバイザー
にほんブログ村テーマ 整理収納へ整理収納
収納・片付け インテリアブログ・テーマ収納・片付け
小さな一歩から始めるお片付け。 その他生活ブログ・テーマ小さな一歩から始めるお片付け。
にほんブログ村テーマ 子育て関係なんでもOKへ子育て関係なんでもOK
にほんブログ村テーマ 片付け×子供へ片付け×子供
にほんブログ村テーマ 子供は小学生へ子供は小学生


●クリックお願いしますm(__)m
(このブログにINポイントが付くんです~)

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

にほんブログ村 にほんブログ村へ
関連記事
Site Menu