toggle
2018-10-22

【セリア商品をアレンジ】我が家のオリジナル?オイルポット

はじめに

キッチンで意外と見落としがちなのがオイルポットのこと。大量の油を使った後に必ず必要だけど、その処理やベタつきにお悩みのかたも多いはず。
今回は我が家で使っているオイルポットを紹介しようと思います。

オイルポットの歴史

私も決してオイルポットを使っていなかった訳では無くて、幾つか買い替えていました。

  • 通常のオイルポット(ホームセンターでよく販売されているもの)
  • 油を再利用できるもの(通販でも良く見る、フィルターが何層にも重なっているもの)
  • ダイソーのオイルポット(これはかなり愛用しました)
  • 通常のオイルポット(もう一度戻ってみました)

こうしてみると結構買い替えてますね…。

オイルポットのデメリット

オイルポットで特に困る点について挙げてみました。

  • 内部がベタつく
  • 内部を掃除しにくい(金属ガサビそうで洗いにくい)
  • フィルターが高価(油を再利用できると宣伝しているフィルターは特に)
  • 蓋が壊れる(ダイソーのオイルポットは残念ながら壊れました)
  • 長期間の保存には不向き(オイルポット内部で油が酸化しそうな…)

オイルポットに求めたこと

上の「デメリット」をふまえて、私がオイルポットに求めたことは以下のことでした

  • 内部が洗いやすいもの(ベタつき予防にもなる)
  • フィルターが安価
  • 蓋が壊れにくい(ついでに言うと、開閉しやすい)
  • 酸化が気になるので、冷蔵庫に入るサイズ

【大量のオイルを長期間保存】するのではなく【残ったオイルを少量入れて冷蔵庫に保存】できるオイルポットが欲しいなと思いました。

セリア商品をアレンジしました

そういった希望を考え、現在使っているのが【セリアのオイルボトルをオイルポットとして使う】方法です。
このオイルボトルにシリコンの三角ろうとを取り付け、1杯分のコーヒーフィルターを開いて入れて、使用済みオイルを濾しています。

濾したオイルも、思った以上に綺麗。コーヒーフィルター、優秀です。

このオイルポットは350ccほど入るので、少量のオイルであれば十分に入れることができます。これを冷蔵庫のポケットに入れ、炒め物をする時に使っています。
一度使用したオイルなので酸化は確かに心配。早めに使い切るためにも、こうして保存しておくのが私には合っているかなと思いました。

冷蔵庫に入れる際に

上の写真でも分かるかも知れませんが、オイルボトルはダイソーでも購入できる無印良品のペンシルケースに似た商品に入れています。これにも理由があって

  1. ボトルの中かがオイルが漏れて、冷蔵庫ポケットを汚すことを防ぐ
  2. 置き場所の確保

特に2.の理由ですが、オイルボトルを取り出した後に周りの調味料が倒れて来て置き場所をふさいでしまうと、戻す時がちょっと面倒くさい。そこで取り出した後でもスペースが空くようにと、こうしてケースを入れています。

お片付けは【ちょっと面倒くさい】をどれくらい解消できるかで、続けられるかどうかが変わってきます。

置き場所も確保したい、と思われる方はこちらも併せてお試しください♪

おわりに

このオイルポットを使う方法は

  • 家庭で使用している少量の揚げ油を
  • 再利用できるかたちで
  • 冷蔵庫に保存できる方法で
  • オイルポットも洗うことができる

そんな方法を探されている方にお勧めです。
揚げ物をしたいけれど、オイルポットの処理に迷っている…、という方は是非お試しください。

●ブログ読んだよ!の印にクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

にほんブログ村 にほんブログ村へ

●インスタグラムでは日常のことも書いてます
Instagram@for.houseworks


●LINE公式アカウントではお友達限定の情報も配信中です
友だち追加
関連記事