toggle
2018-08-08

ファイリング講座で使用した道具

ファイリングに使用した道具について


綺麗なファイリングを行うには、折角なら見た目にもこだわって欲しい!
というわけで今回は私が自宅のファイリングで使用した道具たちについて紹介します。ファイリング講座でずっとアドバイスをくださった長野ゆかさんからもお勧めしていただいた道具たちです。

 

個別フォルダ

分けた書類を入れているのが【個別フォルダー】です。
こちらはアスクルさんの【個別フォルダー】を使用。70枚ほど必要だったので2組注文しました。以前は無印良品の個別フォルダーも使用していましたが、今回のファイリングをきっかけに全で交換しました。

もう一つが【持出しフォルダー】です。こちらは1組使用。横から落ちてしまいそうな種類の書類、厚みが大きい書類、頻繁に持ち運ぶ書類についてはこちらのフォルダーを使用しています。

 

ファイルボックス

個別フォルダーを引き出しに入れて管理する場合は必要ありませんが、ボックスに入れて棚で管理する場合に必要になってくるのがファイルボックス。
以前「ファイルボックスはただの箱」という名言を長野ゆかさんからいただいていましたが、本当に「ただの箱」で、これ自体で書類の中身を管理するわけではありません。好きなファイルボックスを選んで貰って大丈夫です。

無印良品のファイルボックスが丈夫さと見た目の美しさで人気ですが、正直【ファイリング】の点から考えると、ちょっと不向きです。そんなこと言いつつ使ってるけど(笑)

 

フォルダーラベル

ボックス内で個別フォルダーのタブに貼っているのがフォルダーラベルです。

私は【個別フォルダ】のラベルには、コクヨさんの【プリンタ用フォルダーラベル】を貼っています。こちらのファイル名はパソコンで打ち出しましたが、これもファイリング講座・上級編の課題。

こちらがフォルダーラベルを貼っている途中の写真。奥側は仮のラベルです。色が入っていること、印字された文字であることで、誰が見ても分かりやすいラベルになっています。

 

見出しガイド

ファイルボックス内で「暮らし」「仕事」「アドバイザー業」など、【どのジャンルの書類がここに並んでいるか】を示すガイドが「見出しガイド」です。
こちらは散々探したんですが結局お勧めされたイトーキの見出しガイドを2組使いました。ビジネス用なので無骨な感じにはなりますが、しっかりした造りで使いやすさは抜群です。

この見出しガイドは意外と良いお値段がするので、もう少し値段が安い方が良い…という方にはデミクリップという厚紙に挟める見出しガイドも販売されています。
しかし厚紙から外れやすい・個別フォルダーのラベルの色と合わないなどのデメリットもあるので、よく考えて導入してください。

デミクリップ等については、同じアドバイザーの青山順子さんがブログで詳しく紹介してくださっています。

 

ボックスラベル

ボックスラベルとは棚にファイルボックスを並べる時にボックスに貼って使用するラベルのこと。

これは好みの問題なので、絶対こうしないといけない、という決まりはありません。シンプルなラベルを販売している整理収納アドバイザーさんもいます。

【ボックスラベル】には、私は名刺を自作した時に使っていたエーワンさんの名刺カードを使い、名刺作成ソフトで作りました。貼り付けているのは粘着力の弱い両面テープで。粘着力が弱い方が今後書類の内容を変更した場合でも貼り直しがきくからです。

イラストは【いらすとや】さんからいただきました。書類の内容とリンクしたイラストを選んでいます。子ども関係の書類は、子どもたちの名前に関係があるものをイラストにしています。

 

まとめ

頑張って作るファイリングシステム、折角ならお気に入りの道具を選ぶと、意欲も湧くし書類を探すのも楽しくなりますよー。

関連記事