toggle
2019-05-24

<繕い刺繍>ダーニングワークショップを開催しました

\ 片づけで、あなたの『ゼロ』を0.1に /

✓物を捨てられない自分に自己嫌悪したり、
✓家族に何も言われないことが苦しかったり、
✓「片づけなさい」と家族を責めてしまう

そんなあなたの「本当は片づけたい」想いに寄り添って、
未来に向かう『片づけの伸びしろ』を伝えたい、
姫路市の整理収納アドバイザー、
『片づけ菩薩』のありもとようこです

自己紹介のページ

はじめに

穴が空いたズボン、
ひっかけて破れたパンツ、
シミが付いたシャツ、
漂白剤のせいか白いシミのあるブラウス、
穴が空いてしまった靴下

お気に入りだから
着る機会の多い服ってありますよね。
でも、よく着るから汚れることや
シミが付いてしまうことも増えて
しまいます。

そんな、ちょっとしたことで着ることを
諦めている服はありませんか?

ダーニング

プロフィールのページにも書いていますが、
ダーニングとは生地のほつれや
破れを直していく刺繍のことです。

私にダーニングを教えてくれた方は
「繕い刺繍」と呼んでいました。

ダーニングワークショップ

先日インスタグラムとfacebookに
このダーニングのことを載せたら
とても反響がありました(*´ω`*)

その中でリクエストをいただいたき、
ワークショップを開催することに
なりました。

使う糸はこぎん刺し用の糸。
普通の刺繍糸だとコシが足りないので
生地に丈夫さを出すために
こちらの糸を使います。

糸を2色選んでもらって…

作業していきます。
今回はデニムの膝の破れた部分を
繕うので、難易度は高め。

こんな感じで、
糸を渡していきます。

「なかなか難しい!」

と言いながらも、
一生懸命作業されていました。

お片付けの話もできます

作業している間は
手元に集中してはいるけど、
ぽつぽつと色々な話もしてます。

お片付けのことや仕事のはなし、
ハンドメイドの話など。

本業は整理収納アドバイザーなので(笑)
ちょっとしたお片付けの悩みなら
作業時間の間に解決できるかも?

「褒めてくれるから、
作業中ずっと楽しかった!」

と、嬉しい感想をいただきました。
いやいや、楽しかったのは
こちらの方です(*´▽`*)

来月もリクエストをいただいて
ワークショップを開催することに
なりました♪

お子さんのお洋服や自分のお気に入りの服を
刺繍で復活させられるダーニング。
もっと沢山の人に知ってもらえるように、
こちらのワークショップも開催していけたら
いいなと思います。

こういった、ポイント刺繍にしても
可愛いですね♪

●ハンドメイドが好きな方は是非こちらもどうぞ
にほんブログ村テーマ ハンドメイド*編みもの ぬいぐるみ 刺繍へハンドメイド*編みもの ぬいぐるみ 刺繍
にほんブログ村テーマ 子供のおもちゃと洋服はキリがない。へ子供のおもちゃと洋服はキリがない。
にほんブログ村テーマ 育児の合間にハンドメイドへ育児の合間にハンドメイド
関連記事